浦和別所教会

urawabessho

Author:urawabessho
日本キリスト教団 浦和別所教会
〒336-0021 
埼玉県さいたま市南区別所3-25-2
電話048-861-4210

武蔵浦和駅徒歩約20分、中浦和駅徒歩約15分
駐車場あり(約20台)
教会の敷地に約10台のほか、約500m離れた場所に11台駐車できます。

牧  師 大友 英樹(代務)
伝 道 師 澤田石 秀晴
協力教師 西海 満希子

礼拝・祈祷会
★主日礼拝 毎週日曜日  10:30~12:00
教会学校
★礼拝 毎週日曜日  9:15~ 9:45          
浦和別所教会の地図&リンク
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ

花の日

 6月12日の花の日の様子です。

166H1.jpg
花の日礼拝は子供と大人一緒に礼拝を捧げます!
166H2.jpg

礼拝後、近所の警察署を訪問しました!
166H3.jpg
いつも私たちを守ってくださりありがとうございます!
166H4.jpg

続いて消防署を訪問
166H5.jpg
消防車の前で記念撮影
166H6.jpg

花の日とは

6月の第2週目の聖日は、日本基督教団の教会暦において定められている、
花の日であり、子どもの日です。花の日という日は、
アメリカのメソジスト教会の歴史が関わっています。

それは、およそ150年ほど前のお話です。
1856年、アメリカのマサチューセッツ州チュルシイ市にある教会の
レオナルド牧師の提案が起源であったそうです。
特に6月のある日曜日を定めて少年少女のために特別のプログラムを作り、
子ども中心の集会を行ったのがはじまりです。
1866年には、アメリカのメソジスト教会が年会において6月第2日曜日を
「子どもの日」として教会行事に加えることを決議しました。
この日は少年少女たちの宗教教育を強調する日であったそうです。
同時に、一年中で最も多くの花の咲く季節であることから、
信者は各々花を持ち寄って教会堂を飾り、
礼拝後、その花を子どもたちに持たせて病院を訪問させ、病人を見舞い、
また警察(派出所)や各社会施設を慰問したのだそうです。

この行いは、子どもたちに奉仕と感謝を実地に学ばせるためのものでもありました。
このように最初は、子どものために計画されたものが、
花の日と呼ばれるようになったのです。
それため、花の日は同時に子供の日として日本の教会において礼拝が守られ、
定められた教会の暦となって定着していったのです。


検索フォーム
教会学校からのお知らせ
教会学校は、こども礼拝の後、小学生と中学生以上の2つに分かれて分級を行います。出席する方は、9時15分までに着席できるようにお越しください。
RSSリンクの表示
メールフォーム
浦和別所教会へのご連絡はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
訪問者数